お気軽にご相談ください 093-603-7372
Web予約 オンライン診療
MENU

歯周病・虫歯

Medical

歯周病・虫歯

当院では、患者様の今ある歯をなるべく守るように努力しています。2018年に全国2,345の歯科医院で行われた全国抜歯原因調査の結果、歯が失われる原因で最も多かったのが

  1. 1位「歯周病」(37%)
  2. 2位「虫歯」(29%)
  3. 3位「破折」(18%)

です。

歯が失われる原因

歯周病

まず1位の「歯周病」に関してですが、歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)、歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。歯周病を進行させる因子となります。

歯周病

次のことも歯周病を進行させる因子となります。

  • 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  • 不適合な冠や義歯
  • 不規則な食習慣
  • 喫煙
  • ストレス
  • 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  • 薬の長期服用

エアーフローパウダー

歯周病というのはギネスブックにも乗っていますが、世界で一番感染者の多い病気です。この歯周病と闘うのが我々歯科医師・歯科衛生士そして患者様自身です。歯周病を進ませないためにはもちろん歯石の除去も重要なのですが・・・、一番大事なのはお口の中の歯周病「菌」を減らす事なのです。その「菌」を減らすために、当院ではエアーフローパウダーという最新の機械でなるべく歯を傷つけずに多くの「菌」を取り除くことも行っています。

パウダーメインテナンスで解決

また歯茎のマッサージ効果による活性化のために、つまようじ法という歯磨き方法で歯科衛生士が磨いています。

↓ご自宅でもされたいという方にはこちらをクリック!!

また当院では、歯を支えている骨を一部分失ったような患者様に対して、歯周再生療法を行っております。これは人口の骨や骨を新たに作るタンパク質を失った骨の部分に置くことで、失った骨をもとに戻す治療法です。(一部健康保険が適応な材料もございます。)

虫歯

2位の「虫歯」に関してですが、まず虫歯予防にはフッ素入り歯磨き粉をきちんと使うこと、食事を見直すことだと考えております。次に虫歯になってしまった歯はそれ以上進行させないように、う蝕検知液を使用して適切に虫歯菌を除去し、同じ歯がまた虫歯にならないように、なるべくもう一度なりにくい材質(セラミック)で治療し、神経を少しでも残すことだと思っています。

むし歯の進行

初期のむし歯
C1初期のむし歯

歯の表面のエナメル質が、わずかに溶けている状態。まだ痛みもなく、定期健診で見つけることができた場合、早期に対応できます。適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態。「冷たいものがしみる」といった症状で気づくことがあります。むし歯に冒された部分の歯を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行したむし歯

むし歯が、歯の内側の神経まで達した状態。「冷たいものがしみる」「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わります。神経を取り除く治療を行い、被せ物で治します。

歯冠が大きく失われた歯
C4歯冠が大きく失われた歯

歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、むし歯が歯根まで到達した状態。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まることで、再び激しい痛みが生じます。抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。

破折

3位の破折ですが、これは当院で治療してきた経験上、上記の統計よりもう少し割合が多い気がします。

この破折という診断が下った歯はほとんどが抜歯をされています。当院でも割れてしまった歯は、抜歯に至ることがほとんどです。この破折という歯が割れる現象はほとんどが神経をとった歯、そしてそこに大きな金属の土台が入っている歯です。当院では症状がない神経はなるべく残して、もし神経をとってしまった歯、また今現在金属の土台が入っている歯に関しては、ファイバーレジンコアというグラスファイバーとプラスチックを組み合わせた歯に優しい土台を使用しております。また破折がごく一部で止まっている場合にはそれ以上ヒビが進行しない特殊なセメントを入れて歯を持たせる場合もあります。

pagetop