お気軽にご相談ください 093-603-7372
Web予約 オンライン診療
MENU

親知らずの抜歯

Wisdom teeth extraction

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

20才すぎて奥歯がズキズキ痛い・・・

もしかしたらそれは親知らずかもしれません。親知らずとは名前の通り親が知らない歯つまり成人になって生えてくる歯のことです。

ではなぜ親知らずは他の歯と違い痛いのか??それは現代の日本人の顎が親知らずが入る隙間がなく、生えてきても歯ブラシが届かずそこだけ虫歯や歯周病になっているからなんです!!

レントゲン

レントゲンを撮ってみると顎に埋まっている場合だってあります。

親知らずが横向きや斜めに生えている場合は、放置しておくと一つ前の歯の歯周病や虫歯のリスク、また前歯の歯並びがガタガタになってくるなど噛み合わせにも影響が出てくるため症状がある場合は抜歯をお勧めします。
ただ親知らずの抜歯は生え方によって難易度があります。

親知らずの抜歯1
1難易度:低(30分程度)

比較的短時間で抜歯ができます。

親知らずの抜歯2
2難易度:中(45分程度)

手前の歯に引っかかっている部分と根っこを分けて抜歯を行います。

親知らずの抜歯3
3難易度:高(60分程度)

まず上に被っている顎の骨を削り、そのあと頭と根っこを分けます。また場合によっては根っこをさらに2分割して抜歯を行います。骨を削るため抜歯後に頬が腫れたり、顎が抜歯後2、3日は開きにくくなります。

※ただ当院でもレントゲン撮影を行い親知らずの根っこが神経に近い場合や全身状態のリスクの高い患者様の抜歯の場合は専門の大学病院(産業医科大学口腔外科九州歯科大学口腔外科)に紹介を行う場合があります。

pagetop