お気軽にご相談ください 093-603-7372
Web予約 オンライン診療
MENU

抜けた歯の治療

Missing teeth

抜けた歯の治療

抜かなければいけなくなった歯、抜いてしまって歯がない所、当院では様々な治療プランを用意しております。

インプラント専用ページ

NO PHOTO

ブリッジ

なくなってしまった歯の前後の歯を削ることでなくなってしまった部分の噛み合わせと審美性(見た目)を回復する治療法です。

メリット:入れ歯とは違い前後の刃と接着し固定するので、食事の後に取り外しをする必要はない。

デメリット:前後の歯がたとえ健全であったとしても削らなければいけない。また歯間ブラシをしっかりと使用しないとブリッジの付け根の部分が歯周病で骨が下がってしまうリスクがある。

NO PHOTO

保険外(自由)診療

オールセラミックスブリッジ

保険のブリッジとの違いは金属を使用していないため審美性(見た目)が良いのと、金属アレルギーのリスクがありません。また保険のブリッジと比較すると表面がツルツルであるため歯周病のリスクも比較的防ぐことができます。

NO PHOTO

部分入れ歯

メリット:前後の歯を削る必要がない、ブリッジやインプラントと比較すると、破損した際でも比較的修理が容易。

デメリット:部分入れ歯の前後の歯に金属の針金がかかり審美性(見た目)が悪い。歯茎を支えとするためインプラントやブリッジに比較すると硬いものがかめない、食事の後は外して清掃をしないと部分入れ歯の下が不潔になってしまう。

NO PHOTO

保険外(自由)診療

ノンクラスプデンチャー

通常の部分入れ歯と比較して、針金の部分が金属ではなく歯茎と似ている色のため目立ちにくい。また材質が保険診療の入れ歯と比較して柔らかい為、咬みやすく歯茎が痛くなりにくい。

NO PHOTO

インプラント

メリット:前後の歯を削る必要がなく、また取り外しも必要もない。入れ歯とブリッジのメリットを掛け合わせたような治療である。審美製(見た目)も良く自分自身の歯のように咬める。

デメリット:顎の骨にインプラントを埋入するための外科手術が必要。また最終的な被せ物が入るまでは半年程度かかる。歯周病に比較的弱いため定期的なメンテナンスに来院できない方にはオススメではない。

インプラント専用ページ

ノンクラスプデンチャー

デンツプライシロナ株式会社より引用

当院で使用するインプラントは、スウェーデン産のアストラテック社製インプラントのみを使用しております。なぜならこのメーカーは10年以上もの長期的な臨床実績があり、科学的根拠に裏付けられた高品質で安全性が高い製品を提供しているからです。もし自分自身にインプラントをする場合があれば、迷わずアストラテック社製インプラントを使用してもらいたいと考えております。

pagetop