お気軽にご相談ください 093-603-7372
Web予約
(24時間受付)
求人案内
矯正無料相談WEB予約
MENU

料金表

Price

Price

インレー(詰め物)

e-max インレー 3年保証 66,000円
ジルコニアインレー 3年保証 66,000円
ゴールドインレー 3年保証 時価

クラウン(被せ物)

e-maxクラウン 3年保証 99,000円
ジルコニアクラウン 3年保証 88,000円
ジルコニアグラーデーションクラウン 3年保証 132,000円
ゴールドクラウン 3年保証 時価

※クラウンを形成する際に土台が別途3,300円〜11,000円の費用が発生します。

子供の矯正

3歳〜5歳まで(乳歯列)

V-kids 44,000円

6歳〜11歳まで(混合歯列)

検査・診断料(矯正治療に必要な検査料および総合診断料) 33,000円
プレオルソ(予防矯正) 55,000円
マルチブラケット治療(本格矯正) 385,000円

※プレオルソからマルチブラケットに移行した場合、装置代の33,000円を差し引かせていただきます。
※矯正費に調整代も含んでおりますので、別途必要な金額は原則ありません。
※定期的なクリーニングやフッ素塗布などのメンテナンスに来院できない患者様には治療責任が持てません。
※装置劣化による交換は11,000円の追加費用が発生します。

注意事項
①特別な画像検査(CT)が必要な場合は、別途料金がかかります。
②治療予約日に来院できない患者様に対しては、治療責任は持てません。

大人の矯正

12歳以上(永久歯列)

検査・診断料(矯正治療に必要な検査料および総合診断料) 55,000円

全顎矯正

マルチブラケット治療 825,000円
マウスピース矯正(インビザライン) 880,000円

※矯正費に調整代も含んでおりますので、別途必要な金額は原則ありません。
※定期的なクリーニングやフッ素塗布などのメンテナンスに来院できない患者様には治療責任が持てません。

注意事項
①矯正治療時の抜歯は、別途料金(1本5,500円)がかかります。
②特別な画像検査(CT)が必要な場合は、別途料金がかかります。
③欠損歯に対しての補綴処置(インプラント)は別途料金がかかります。
④治療予約日に来院できない患者様に対しては、治療責任は持てません。

ホワイトニング

ホームホワイトニング
(上下マウスピース+ジェル)
33,000円
追加ジェル2本 5,500円
オフィスブリーチ(神経を取った歯のホワイトニング※前歯のみ) 33,000円/1歯

入れ歯

ノンクラスプデンチャー 88,000円〜
上顎金属床義歯 330,000円
インプラントオーバーデンチャー 550,000円

インプラント

ステント(インプラントを正確に埋入するための器具)作成費 11,000円
インプラント本体手術代
(1次手術代+2次手術代)
275,000円
被せ物(上部構造) 99,000円〜
※骨造成GBRが必要な場合 +55,000円

※インプラント本体は5年保証、被せ物は3年保証です。

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴25g 13,200円
高濃度ビタミンC点滴50g 18,700円
美白点滴
(グルタチオン1000mg+ビタミン5g)
5,500円

※50gの高濃度ビタミンC点滴を受けられる方は初回のみG6PD欠損症の検査を別途5,500円で受ける必要があります。2回目以降は必要ありません。

口臭外来

口臭外来初診(約3時間半) 38,500円
口臭外来再診(約1時間半)
※2回目以降は全て口臭外来再診となります。
18,700円

※口臭外来の治療には初診料や再診料の他に治療に必要なオーラルケア用品の購入が約1万円程度必要となります。

※料金はすべて税込価格です。

医療費控除について

医療費控除とは、ご自身や家族に支払った医療費を一定の金額所得控除できることです。
歯科の自費診療は高額になる場合が多く、治療費が高くなるため医療費控除の対象となります。毎年1月1日〜12月31日の間に支払った医療費を確定申告すると医療費控除が適応され、税金が還付されます。
医療費控除対象金額は下記の式で計算した金額になります。
医療費控除(最高200万円)=(支払った医療費−保険金等で補填された額)−10万円

対象となる医療費

  • インプラント費用
  • 虫歯や歯周病の治療費
  • 親知らずの抜歯
  • 入れ歯の費用
  • 子どもの矯正治療費
  • 成人の噛み合わせ治療費
  • 通院時のバス、電車、タクシー代
  • 薬局で購入した歯痛止め等の医療費

対象とならない医療費

  • 審美目的で行ったホワイトニングや審美歯科治療
  • デンタルローンの金利や手数料
  • 通院時に自家用車を使用した場合のガソリン代、駐車場代
  • 健康増進のために購入したサプリ等

医療費控除の例

例)年間50万円歯科治療にかかった場合
50万円−10万円=40万円
年間の課税される所得金額が600万円の場合
40万円×30%=12万円分の税金免除になります。
つまり、実質治療に要する費用
→50万円(治療費)−12万円分(免除分)=38万円(実質治療費)で済みます。

医療費控除の手続き

確定申告の申告期間である毎年2月16日〜3月15日までに申請する必要があります。 申告方法には3通りあり、

  • ①直接税務署に立ち寄る
  • ②税務署に書類を郵送する
  • ③インターネットを利用する

※②は医療費控除を受ける方のお住いの管轄税務署に提出します。

医療費控除申告に必要なもの

  • 源泉徴収票(原本)
  • 医療費の領収書(原本)
  • 医療費控除の対象となる費用の領収書
  • 保険金等で補填される金額が分かる書類
  • 医療費控除の内訳書
  • 還付金の振込先口座番号(本人名義)
  • 印鑑(認印)
  • 確定申告用紙

年間医療費と収入による還付金リスト

給与収入 300万円 500万円 1,000万円
給与収入 192万円 346万円 780万円
医療費控除額 104,000円 100,000円 100,000円
医療費控除前の所得税 77,000円 210,500円 1,070,600円
医療費控除後の所得税 71,800円 200,500円 1,047,600円
還付される所得税 5,200円 10,000円 23,000円
pagetop